From やまだまさき

毎朝、寒さで目がさめる季節がやってきました。

最近は、夜の寒さに体がこたえるので、どうにか寒さを緩和しようと試みています。

その結果、

今、自宅での格好は、

たくさん着て着膨れてる感じになってます。

下着はもちろん着てますが、その上に、

ズボン下、

ジャージ、

パジャマ!

靴下は4枚履いて、

上着は、ベストをプラス。

さらに、ネックウォーマー。

これだけ着ると寒くない!

朝の寝起きもパッと動けるし、

夜の寒さにも耐えられる。

布団を蹴飛ばして、体にかかってなくても、

結構大丈夫です。

やっぱり、着るっていちばんの暖の取り方ですねー。

自分の体熱が逃げなくなっていて、暖かくなったから、

夜中のトイレも減る。

寒さを感じない格好をするのはやっぱり大切だと思うのです。

それでも、気温が下がれば、

掛け布団や敷物を工夫して、

場合によっては湯たんぽ使って、

体を冷えないようにすることはとても大切なことだと思います。

この場合、

体を温めるというよりは、

体を冷やさないようにすることが大事なことだと思います。

温めるのは熱源を外に求め、

冷やさないのは熱源は自分ということになります。

この違いはめちゃくちゃあると思うんです。

大事なのは、自分で発熱しているということ。

これは、環境に対応するために体が自ら働くことを意味します。

冷えないようにするというのは、この体の働きを助けるということ。

言い換えれば、養生することですね。

だから、体を温めて寒さしのいでいる人は、体を甘やかしていることになります。

こたつに入ってればあったかいから、冷たいものを食べたり飲んだりしたくなるのはわかりますが、

それは体を無理をさせているということです。

こたつビール、

エアコンアイス、

していませんか?

そんなことを続ければきっと体調は狂うでしょう。

体調の悪い人は、より気をつけたいものです。

やまだまさき

P.S.
寒暖さに弱い人は、環境適応の仕組みがうまく機能していないことが考えられます。
それは言い換えれば、内臓機能の低下。
さらに言い換えれば、老化、と言えます。

語弊がないように、単に年齢を重ねることを老化というわけじゃなくて、
体に無理をさせる生活を繰り返している人は、たとえ若くても体は老化するわけです。
つまり老化が早く起こるということ。
それは20代から血圧が高いとか、血糖が高いとかいうのは内臓の老化が早まっている証拠。

そんな人はあと50年以上を血糖が高い、血圧が高い中で過ごさなきゃいけないのだから、健康リスクがめちゃめちゃ高いってことになります。

若いから大丈夫とは言えなくなって来ています。
それだけ、早いうちから内臓に負担をかける、いわゆる飲食睡眠運動があっていない生活を送っている人が多いということ。
誰も病気を代わってはくれません。
くれぐれも自分の体を大事に使ってもらいたいものです。

From やまだまさき

突然ですが、この間、手を壁にぶつけました。

念のために、壁を叩いたりしたわけではありません。

不用意に手を動かした拍子に、ぶつかったんだと思います。

・・・・・・・

そうです。

ぶつけたという認識はなく、

気づいたら、

痛かった!

ジンジンジン・・・・と

久々に痛い!と思いました。

それも、鋭く痛いのではなく、

じみ~に痛い感じです。

で、

ぶつけたところ、人差し指の第2関節のところ、を見ていると、

薄ーく青ーくなっていて、

「あ、出血してるなー、打ち身だー、痛いなー」

て、さらに痛くなりました。

まあ、時間がたてば治ると思っていたところ、

翌日になると、

「あれ?」

人差し指が変だぞ?と気づきました。

どう変かというと、

青あざのところだけじゃなくて、あざの3倍くらいのところがビリビリするんです。

特に、その場所を触るとビリビリが強くなって、何とも言えない不快な感じ。

人差し指の動きも悪いし、

動かすたびにビリビリ・・・・

たかが打ち身、されど打ち身。

立派な怪我ですねぇ。

と感じた出来事です。

皮下出血が起こって、血液の流れが悪くなったとたん、

皮膚の感覚がこれほど悪くなるんだから、

長期間血液の流れが悪いような状況が、もしあればそれはとても体に不調として現れるんだろうと思います。

痛み、しびれ、だけじゃなく、胃のむかつきとか、生理不順、めまいなど、

別に血液検査に異常がなくても、

起こるんだろうなぁと、

今回の出来事から考えてしまいました。

p.s.打ち身はその場所の周辺に浅ーく針をすると、消えるのが早くなります。打ち身はもとより、けがの放置は要注意。
めまい、胃のむかつきにも針はおススメ。

フロム やまだまさき

この間、ふとしたことから、右手の人差し指をぶつけてあざができました。

ぶつけた直後から、ジンジン、ジワジワと痛い!

久々のケガです。

程なく、青あざができ、

捻挫してないかなーと、手をグーパーしながら確認。

グーにしても、

パーにしても、

痛みは強くならない。

なら打撲だということで落ち着きましたが、

ジンジン痛い。

まぁ、我慢できるほどだけど。

翌日。

綺麗にあざができていて、

昨日ほどの痛みはなく、

なんとなく腫れぼったいような感じで、

ぶつけたところを触ってみて、あらびっくり!

皮膚の感覚がおかしい!

何か膜が張ったような、

ビリビリするやうな、

そんな感じ。

ぶつけたのは指のだけど、手の甲まで感覚がおかしい!

こんなに影響があるんだなーと実感した次第です。

ぶつけたところだけじゃなくて、

ぶつけていないところまでビリビリするんだから、

体って繊細にできてるんですよね。

あざができて血行不良なんだろと思うけど、

ぶつけただけでこれだけ体に変化が起こるのだから、

血液の流れが悪いとか、

血液検査に異常が出るとかしてたら、

全身に悪い変化だって起こると思う。

あっちが痛いとか、

こっちが痛いとか、

痛みの部分に目が行きがちだけど、

じゃあなんでその痛みは起きてるの?

それを考えるのが大事なことですよね。

例えば、胃の調子が悪くて、

食べたらもたれるとか、

膨マン感とか、

苦しい感じとか、

胃が悪いかなって思っちゃいますよね。

でも、食べて起こるトラブルを全部胃のせいにするのはちょっと考えもの。

胃だって消化するのに血液が必要なんだから、

血が来なきゃ仕事できないと思う。

胃に問題がなくても、

消化不良が起こるなら、心臓とか、血管とか、血液循環とか、自律神経とかさまざまなところが原因で、

胃のトラブルが起こる場合があるってことですよね。

胃がおかしいから胃だけ見るのではなく、

胃がおかしいから、

他も見ないといけない。

だって、胃は体の一部なんだから。

胃は、自分の仕事をしています。

それは、他の内臓や体のために。

胃以外の場所は胃のために動いている。

体って、そんな風にできてるんです。

だから安易に対症療法的に考えて処置するのはいかがなものかと思います。

あなたの胃はどんな状態でしょうか?

胃以外のに問題がないか考えてみてはいかがでしょうか?

気になる人は↓
https://tsuku2.jp/89yamadam

↑このページのトップヘ